見つけました!最後まで運動療法を薦める先生ゲスト・ポーザー沢山の中から

2019/03/15

「御用聞き」屋さんの取材TVを見た人から

 先日、テレ朝のJチャンニュースを見たと言って
 電話を下さった方は、私がジムでトレーナーを
 していた頃の会員さんでした。

   当時のジムは所在場所も経営者も変わっているので、
 結構、探したようでした。
   どうにかたどり着いて電話をいただきました。
  「実は膝が痛いので整骨院に知り合いが居たら紹介して
 欲しい」ということでした。
  そこから「お医者には行かれましたか?手術しなさいとか
 言われましたか?」との問には「そうなの。それもいやだから
 どこかいい整骨院を紹介して欲しいと思って」とのこと。
 「いくつか知ってますけど、お医者は簡単に手術ということが
 多いのが事実です。膝の周りの筋肉を鍛えることで克服できる
 ので是非、トレーニングをしっかりした方がいいと思います」と
 伝えました。
   実の姉の話をして聞かせ、杖を使っていたのを手放せる
 までに回復して明るくなり、元気に過ごしている旨を伝えました。
  昔の知り合いですから大いに力になって差し上げたいと思い
 ました。
 「私は今、フリーの時間が沢山あるから一度、体育館で
 待ち合わせてやってみますか?」との提案には「是非、お願い
  したい」とおっしゃっていました。

    トレーニングしていて痛い部位はまずは、やらない。
 特に下半身の種目をメインにあらゆる角度で動かします。
 足首、すね、ふくらはぎ、太もも、腰周り、背筋、腹筋、臀部
 などなど。原則体重がオーバーしている場合は減量種目も
 入れなければなりません。
   また、膝や背骨に負担を掛けない為にリュックサックは
 止めます。なるべく手にぶら下げる持ち方も止めます。
   理想はカートの使用です。体のどこにも負担は掛かりません。

   といった条件で生活することで快適で居られます。
  何人の方々に喜ばれたのかを考えてみると、女性で10人以上に
  及びます。やはり圧倒的に女性ですね。

   私の中では「毎日運動」ということに疑問があって、むしろ休みを
 きちんと取ることがキーだと考えています。
   ガリガリやればいいという訳ではなく、しっかり理にかなった休みを
 入れないと却って使い過ぎ、そして回復に時間が足りないとなると
 なかなか好結果が出にくいと思っています。
   また、カルシウムの不足を考えた時、体から使うこと・・・そして
 それを補うことで初めて身になります。
 日光浴をすることでビタミンDがカルシウムの吸収に力を貸して
 くれます。骨粗しょう症はなかなか難敵ですよね。
  とにかく、大人の女性の健康作りは、考えてやっていかなければ
 成果は出ません。実践していてアドバイスを聞いていただけなくて
 成果を逃したという経験もありました。
   ご本人が受けていただく前に「無」の境地にいらっしゃる方の
 方が、私はやり易いと思っています。
   そしてその時を自分自身待っています。
 
 
 
  










 ご質問があればご一報下さい。
 また無料お試しも受け付けています。
 ご連絡は
こちらから
   
 ご連絡お待ちしております

 
    



iloveblack at 00:19│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
見つけました!最後まで運動療法を薦める先生ゲスト・ポーザー沢山の中から