脇を締める・・・その3再び・・・(腹筋)正面の対策へ

2018/11/09

私の中での最強腹筋(正面)

 お腹をギュッと締めるpt3
  

  通称 「Vシット」または「ジャックナイフ」と呼ばれる
  仰向けで両手をばんざいした状態で構える  
   
  腹筋系系スタート          

 

  息を吐きながら、または吐ききってから
  両手・両足を同時に上げる 
  当然、首も起きようとする体勢で同時に上げる 

  Vシット2

  こちらも腰が弱い人はやらない方が・・・

  上体と下半身は同時に動き出すのが理想ですが、
  最初はバランスをとるのが難しいと思います。
  慣れてくれば上手くでき、その時「効いている」ことを
  実感できます。 
  手と足を下に戻す時にはゆっくり行う。
  その時も効いていることを実感できます。
  
  降りた勢いを借りてリズミカルにすすめると
  案外、やり易いかも知れません。
  その時は呼吸をうまくやることが更に大事に
  なります。
  呼吸をうまく行えると低回数でも効き目絶大!
  「これは効く」と言える種目です。


  そう言えば、かなり昔に「スタイリー」という家庭用?
  運道具がありましたね。ナイスなアイデアです。良く
  できています。
  今、思うと案外いいかも知れません。
  しかし、想像するに腹筋を使わなくても道具自体を
  動かすことに意識が行き、実際に腹筋を使う運動に
  なるのか?という疑問が湧きます。
  万歳してつかまっている枠をつかみ、足を上げながら
  握った手を振り下ろす・・・その動作に集中して動かし
  ていると、動くことが上手くできるほど腹筋には特別
  効くようには考えられません。
  それでなくてもトレーニングって段々器用になると効き
  方に物足りなさを感じます。体が楽な動き方を覚えると
  どんどん扱う重量は増えますが、反比例して「効いた」
  という実感は薄れます。
   
  その意識は常にあり、だからこそ今でも丁寧にワンレップ、
  ワンレップするのが私には向いています。そうすることで
  全く故障もなく、終了後は「充分!」を感じています。
 

  次回は外腹斜・・・ウエストをいかに細くするか、細く見せ
  るかを見直します。


  
  
  
 

ご質問があればご一報下さい。
また無料お試しも受け付けています。
ご連絡は
こちらから
   
ご連絡お待ちしております

 



iloveblack at 00:34│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
脇を締める・・・その3再び・・・(腹筋)正面の対策へ